マインドガードDXの商品写真

マインドガードDXを飲むときに「飲み方ってあるのかな?」「いつ飲むべきなんだろう?」「本当に今の飲み方でいいのかな?」と疑問に思いませんか?

マインドガードDXは休息に不足している成分の補給が目的の栄養補助食品なので、医薬品のように飲み方に細かいルールがあるわけではありません。

ですがマインドガードDXを飲んで効果を実感している人たちは、きちんと正しい飲み方を理解して、それを実践しています。

今回はマインドガードDXの正しい飲み方を紹介しつつ、薬との併用やアレルギーについても紹介していきますね。

大勢の人が実践!マインドガードDXの効果的な飲み方

マインドガードDXの飲み方で注意したい点は「飲む量」です。これからマインドガードDXを飲みはじめる人は、1回15ml〜30mlを1回〜3回程度に分けて飲みましょう。(1日の摂取量がが30mlから50mlになるのが理想です)

すでに飲んでいる方の中には節約のために飲む量を減らしている人がいますが、オススメできません。

飲む量を減らせば、単純に摂取できる栄養成分も少なくなります。日に必要な休息成分を摂取できるように目安量が決められているので、1日30ml以下だと、マインドガードDXの効果を最大限に発揮できなくなってしまいます。

公式サイトが推奨する飲み方は1回あたり15mlを1日2回飲むことです。はじめての方はこの量と摂取回数を目安にしましょう。

もちろんこれから飲み続けていまいち効果を実感できない場合は量を増やす必要があります。そのときの状態によって飲む量は変わってくるので、飲み続けていくうちに自分の体に合った飲む回数、飲む量を見つけていきましょう。

マインドガードDXの飲むタイミング!いつ飲むべき?

マインドガードDXの飲むタイミングはとくにありません。健康食品なので、いつ飲んでも大丈夫です。

ただ栄養摂取の目的で考えたときに、飲むタイミングによって効果が違ってくることはあります。

管理栄養士の話によると、栄養摂取目的でベストな飲みタイミングは『食後の30分以内』です。この時間帯は胃腸の動きが活発化して、栄養成分の吸収率も高まっています。

1日2回飲むのであれば朝食、昼食、夕食のどれか2回のあとにマインドガードDXを30分以内に飲むようにしましょう。

「食後に飲む」というルールを設けておけば、飲み忘れも防止できるので実践してみてください。

睡眠薬との併用は大丈夫?

マインドガードDXは自然由来の原料のみを使用した栄養補助食品なので、医薬品の成分は一切含まれていません。

睡眠薬や安定剤などの薬同士の飲み合わせを気にする必要はありませんね。

過去にマインドガードDXと睡眠薬を併用して、副作用が発症したという事例も一切なし。

睡眠薬や安定剤を服用中の方でも安心して飲むことができます。

他の睡眠サプリメントの併用は?

他の睡眠サプリメントとの併用も問題ありません。

他の睡眠サプリメントと併用する場合は、マインドガードDXと同じ成分が配合されていないか確認しましょう。

人間の体が1日に吸収できる栄養成分の量は上限があり、必要以上に取り入れても吸収されずに体の外へ排出されてしまいます。

サプリメントの併用は成分が被ってムダに摂取していることが多いので、あらかじめチェックしてから飲むようにしましょう。

アレルギーの心配はありますか?

マインドガードDXは法令でアレルギー表示を決められている7品と、表示を推奨する18品は含まれていません。

なのでアレルギーの心配は必要ありませんが、万が一飲み始めてからすぐに何か異常が見つかった場合はサポートセンターに問い合わせをしましょう。

薬の成分は入っていますか?

マインドガードDXは医薬品に該当する成分は一切使用していません。

天然の原料のみを使用した栄養補助食品なので安心してください。

どのくらい飲めば効果が出る?

マインドガードDXは医薬品ではないので、即効性はありません。どのくらいの量や期間飲めば効果が出るかは個人差があるので、一概には答えられません。

マインドガードDXの口コミを見てみても、早い人だと1ヶ月以内、遅い人だと3ヶ月以上と効果を実感するまでの期間はさまざまです。

すぐに効果を実感したという人は、まだ症状が軽度であったり、マインドガードDXの成分がその人の体質に合っていたりと色々なパターンがあります。

飲み始めてからすぐに効果が実感できなかったとしても、ゆっくり焦らずに継続しましょう。

毎日飲まないとダメ?

マインドガードDXに限らず、他のサプリメントも飲み始めた直後から効果がでるわけではなく、毎日飲み続けることによって効果を実感できます。

一般的に人間の細胞は6年周期で生まれ変わります。細胞の部分によっても生まれ変わるサイクルは違って、小腸は2日、胃の細胞は5日、血液は4ヶ月、骨格は10年など短い期間から長い期間までさまざまです。

マインドガードDXは不足している休息成分の補給が目的で、体の内側から不眠を改善していきます。

人間の細胞に生まれ変わりのサイクルがあるように、不眠症の改善にも一定の期間が必要です。

必要な成分を毎日取り続けることによって、根本的に不眠を改善していくので、不眠などの症状を改善したいのであれば、毎日飲むことをオススメします。

賞味期限と保存方法

マインドガードDxの賞味期限は未開封の場合、約2年です。開封してある場合は、防腐剤や保存料を使用していないので、1ヶ月以内に飲み切るようにしましょう。

保存方法は直射日光があたらなくて、風通しがいい場所、もしくは冷蔵庫の中に置きましょう。

その他注意すること

マインドガードDXの飲み方で注意が必要なのは、コーヒーやアルコールと合わせて飲まないようにすることです。

コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが含まれており、脳を興奮状態にします。利尿作用によって、夜中にトイレに行きたくなって目が覚める回数も増えてしまいがちです。

マインドガードDXは食後の飲用をオススメしていますが、食後にコーヒーを飲む習慣がある人は、一緒に飲まないように注意してください。マインドガードDXの効果を半減させてしまいます。

アルコールも同様です。アルコールは寝付きを良くする効果があるので、食後や寝る前に飲んでいる人がいますが、覚醒作用や利尿作用によって睡眠の質は悪化してしまいます。熟睡できなくなってしまうので、疲労も抜けにくくなり、朝起きても倦怠感が残ったままになってしまいます。

マインドガードDXは不眠改善のために飲んでいる人が多いと思います。不眠改善のためにも、睡眠に悪影響のあるコーヒーやアルコールは一緒に飲まないようにしてください。

マインドガードDX飲み方まとめ

マインドガードDXの効果的な飲み方は「1回15ml〜30mlを1日1回〜3回飲む」「食後30分以内に飲む」ことです。

毎食後に飲めば、マインドガードDXの栄養成分を効率よく吸収でき、飲み忘れも予防できます。

マインドガードDXで効果を実感できない人は毎日飲む習慣ができてなく、効果がないからといって途中でやめてしまうからです。

医薬品のように即効性はないので、効果を実感するためには一定期間飲み続ける必要があります。

食後に飲むと決めておけば、自然と習慣化できて、なおかつ栄養成分もスムーズに吸収できます。

マインドガードDXの効果的な飲み方を理解して、熟睡できる睡眠リズムを取り戻しましょう。