妊娠中の女性
マインドガードDXは妊娠中の妊婦さんや産後の授乳中に飲んでも副作用がないか気になりますよね。

不眠やストレス、イライラは解消したいけど、これから生まれてくる赤ちゃんやすでに生まれて育児中の赤ちゃんに何か悪影響があったら困ります。マインドガードDXを購入する前に副作用がないかどうか知っておきたい人も多いでしょう。

マインドガードDXは自然由来の原料を使用し、栄養補給が目的で作られた栄養補助食品なので、副作用はありません。

体に害のある添加物も一切含まれていないので、妊娠中や授乳中であっても安心です。

今回はマインドガードDXを妊娠中の妊婦さんや産後の授乳中に飲んでも安心できる理由と、マインドガードDXを飲むべき理由をお伝えします。

また妊娠中や授乳中に不眠になる原因についても紹介しますので、これからマインドガードDXを購入するという方は参考にしてください。

マインドガードDXは妊娠中や産後の授乳中に飲んでも大丈夫?

先生に相談している妊婦
妊娠中や産後の授乳中には子供のために体にいいモノを与えようと意識しますよね。

サプリも同じでデリケートで栄養に敏感な時期だからこそ、信頼できる商品を選んで赤ちゃんや子供に悪い成分を取らせないように心がけると思います。

マインドガードDXは妊娠中や授乳中に飲んでも子供に悪影響はありません。副作用のリスクもないので、安心して飲用できます。

マインドガードDXの原料と成分

マインドガードDXの原料と成分はこちらです。

モリンダシトリフォリア(ノニ果汁)、イヌリン(食物繊維)、エリスリトール、クワンソウエキス、香酢末(米酢、デキストリン)、ギャバ、ブドウ抽出物(トランスレスベラトロール含有)、グリシン、ビタミンC、クエン酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

妊娠中や授乳中に嬉しい栄養成分

マインドガードDXには休息に必要な成分が含まれているのはもちろん、妊娠中や授乳中の栄養不足を補うノニやイヌリン、クワンソウといった原料を使用。

ノニはビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養成分が豊富に含まれています。

アレルギーの心配はなし

マインドガードDXの質問
マインドガードDXには法令で表示が義務づけられている7品目と、表示が推奨されている18品目は一切配合されていません。

7品目:卵、小麦、乳、エビ、カニ、ソバ、落花生

18品目:アワビ、イカ、イクラ、オレンジ、キュウイフルーツ、牛肉、鶏肉、豚肉、クルミ、鮭、サバ、大豆、バナナ、マツタケ、桃、山芋、リンゴ、ゼラチン(2013年9月20日にゴマとカシューナッツが追加され20品目になりました)

保存料や添加物は使われていない

マインドガードDXの質問
マインドガードDX成分には保存料や添加物は一切含まれていません。

保存料や添加物が含まれる食品を選ばれている方にとっては嬉しいですね。

ただし保存料や添加物が使われていないことによって、保存期間が短くなるデメリットもあります。

保存料を使っている食品であれば賞味期限も長くなりますが、保存料が使われていない食品は賞味期限が短くなってしまいます。

開封後はなるべく早く(1ヶ月以内)飲み切るようにしましょう。

未開封の場合でも、賞味期限は2年弱くらいです。開封、未開封に限らずに常温で通気性のいい場所、もしくは冷蔵庫に保存するようにしましょう。

薬の成分も入っていない

マインドガードDXには医薬品に該当する原料は一切含まれていません。原料はすべて日本国内で認められている食品のみで、自然由来の栄養補助食品となります。

放射能の検査

マインドガードDXの原料を放射能残留検査しているわけではありませんが、放射能が残留する地域で栽培された原料は使用していません。安心できる地域で取れた原料のみを使用しているので、放射能の心配も不要。

またマインドガードDXは財団法人日本食品分析センターで原料の分析を実施。条件をクリアした原料のみエキスを抽出して配合しているので、品質の高い食品をなっています。

つわりでも飲める

ノニにはビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富に含まれており、栄養満点の食材として注目されていますが、一般的なノニジュースは「味がとてもマズイ」という欠点があります。

臭いがひどくて苦手な人、敬遠する人も多いです。

マインドガードDXにもノニが使われており味の心配をされる方も多いですが、試作を重ねてノニの臭いをできるかぎりなくすことに成功。

ノニジュースのようなにおいもなく、飲みやすい味になっているので、つわりのときでも飲みやすい仕上がりとなっています。

ただ中にはノニの臭いが消えたとはいえ、味が不味くて飲めないという人も。

そんな方には公式サイトでも推奨しているように、オレンジジュースやリンゴジュース、グレープジュースなどと一緒の飲みましょう。

臭いが中和されて非常に飲みやすい味になります。

妊娠中に必要な栄養成分も摂取できる

妊娠中や授乳中には自分自身と子供のために栄養管理が必要です。葉酸、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養成分が妊娠前よりも2倍必要となります。

食事だけでこれらの成分を取ろうとするとかなりの食事量になってしまうので、サプリメントをうまく活用していきたいところです。

マインドガードDXにはノニ、クワンソウ、GABA、グリシンといった休息成分のほかにもビタミンB群がたくさん含まれています。

ビタミンB群は赤血球中に存在するヘモグロビンを生成して、貧血予防や皮膚粘膜の保護に役立ちますね。

たんぱく質や脂質を活動のエネルギーに変換したり、睡眠に欠かせないセロトニン、メラトニンなどの神経伝達物質を生み出します。

休息成分と一緒に妊娠中や授乳中に必要な栄養素を摂れるのは助かりますね。

妊娠中や授乳中に眠れなくなるワケとは?

眠れない女性
妊娠初期では「プロゲステロン」という妊娠ホルモンが分泌されて、赤ちゃんを保護するために睡眠を促進してお母さんの体を休息させます。

妊娠中期から後期には「エストロゲン」というホルモンが分泌されて、プロゲステロンの作用とは反対に眠りを浅くします。

このエストロゲンというホルモンが妊娠中に眠れなくなる原因です。

「出産前の時期になんで眠りを浅くするホルモンが分泌されるの?」と疑問に思うかもしれませんが、子供が生まれてからお母さんは母乳をあげたり、おむつをかえたり、などお世話に付きっ切りとなります。昼も夜も関係なしです。

妊娠中にエストロゲンが分泌されないと、昼間活動して夜に寝るサイクルが当たり前で、夜に起きるリズムに慣れないまま出産を迎えてしまいます。

生活リズムが乱れて体調を崩してしまわないように、妊娠中から不規則な生活リズムに慣れておくことが目的です。必要のないプロセス(過程)ではないので、ムリに睡眠薬などを飲まないように気を付けましょう。

マインドガードDXは妊娠中や授乳中でも安心して飲める!

マインドガードDXは自然由来の原料のみを使用した栄養補助食品です。妊娠中や授乳中に飲んでも副作用のリスクはありませんので安心してください。

妊娠中に不眠になりやすくなる理由は、出産後の育児に昼夜問わず対応するためです。

眠れないからといってムリに睡眠薬を飲んでいますと、副作用でお母さんにも赤ちゃんにも副作用が出てしまいます。

ただ眠る時間が少なすぎると体に負担がかかってしまうので、マインドガードDXで休息に必要な成分を摂取しつつ、妊娠中や授乳中に不足しがちな成分と取りいれて、ベストな状態で体調管理を行いましょう。