自分がどういったタイプの不眠症なのかを理解し、快眠できるようになる方法を紹介します。

寝付くまでに時間がかかったり、就寝途中で覚醒してしまうというような、睡眠の質が良くないことで苦しむ人は年々増え続けています。

そうした問題の根本に、ネットが広まったことや、生活スタイルが変化し、常に行動が出来るようになったことなどがあります。

一昔前は不便で、連絡しようにも電話や手紙を使うしかなかったのが、現在ではスマートフォンやメールで簡単に連絡を取ることが出来ます。

当然便利になっていると言えますが、一方で”いつでも”連絡できることで、他人との距離感が近くなっていることも確かです。

インターネットでも”いつでも”頼むことができてしまいます。

仕事に関しても、プライベートについても、自分一人で過ごす時間が減り、いつでも誰かとつながっている状態です。

そんな状況下で、人は知らぬ間にストレスを溜めていきます。

それを防ぐためには「インターネット、SNSともに、時間を決めたうえで使うべき!」です。

睡眠薬を始める前に・・・! 試して欲しい睡眠サプリ

充分な睡眠をとれない日々が続くと、身体の疲労はもちろんのこと、精神的な面にも悪影響が出てしまいます。

かといって、質の良い睡眠をとりたいと思っても、睡眠薬を医者に処方してもらうことに抵抗のある人は多いでしょう。

そんな人のために、このごろ流行っている健康関連の商品の中で、様々な睡眠サプリメントの販売が行われています。

睡眠に悩む人は気楽な気持ちで、睡眠サプリを始めてみましょう。

なにが違う? 睡眠薬と睡眠サプリ

睡眠サプリは、強い副作用などがなく、気軽に飲み続けることが出来るという点で、睡眠薬とは大きく異なります。

また、あくまで健康食品の一つなので、不眠症を即効で解決してしまうような薬ではありません。

要するに、睡眠をとることをサポートする食品が睡眠サプリです。

よって、睡眠薬のように、すぐ、よく効くといった類のものでもないのです。

サプリメントの不眠症改善の効果は、何週間か飲み続けた後に現れ始めます。

睡眠サプリの配合成分について

睡眠サプリメントに使用されている主な成分をご紹介します。

睡眠効果の高いギャバ

睡眠サプリの多くに含まれているギャバの睡眠効果はとても高いと言われています。

先行研究では、多くの不眠症の人の脳内でギャバの量が一般の人に比べて少ないということが明らかにされています。

そのため、不眠症の改善にギャバの補給がとても有効なのです。

眠りが浅い人にはグリシン

成分の種類としては、アミノ酸の一種です。

グリシンに関しては、目安の用量が一日3000mgで、途中で起きてしまう場合や、眠りが浅い場合に摂取するのが望ましいとされています。

体内では作れないトリプトファン

トリプトファンは、睡眠と深く関係しているセロトニンの元になっているとても重要な成分で、欠かせないものです。

また、トリプトファンは、人の体の中では作ることができない成分なので、食事や、サプリを通して摂取する必要があります。

これもアミノ酸の一種で、目安の用量は一日500~600mgとなっていて、体に取り入れることで不眠症の改善が見込めます

体内時計の改善にはメラトニン

メラトニンは、別名睡眠ホルモンとも呼ばれていて、摂取することで寝つきが良くなります。

また、メラトニンの摂取によって体内時計が改善されていくので、睡眠障害の根本原因を取り除くことができ、最も良い解決策になります。

上記に挙げたとおり、睡眠サプリメントには異なった成分が数多く含まれています。

そうした成分の配合用量を、自らの不眠症のタイプごとに合わせることで最大の効果が期待できます。

不眠症のタイプは主に、入眠障害、中途覚醒、早期覚醒の三タイプに分かれています。

不眠症タイプごとにあなたにぴったりの成分を紹介

最適な成分を、様々な不眠のタイプごとに紹介していきます。

寝つきが悪い 入眠障害タイプ

入眠障害タイプには、ギャバやメラトニンがおすすめです。

中でも、ギャバが入っている睡眠サプリを勧めます。

眠りが浅い 中途覚醒タイプ

中途覚醒タイプには、グリシンがおすすめです。

グリシンの入った睡眠サプリをとることで、途中で起きてしまうようなことがなくなり、睡眠の質の改善が見込めます。

すぐ目が覚める 早期覚醒タイプ

早期覚醒タイプには、トリプトファンがお勧めです。

体では作り出せないトリプトファンを睡眠サプリから摂取することで、不眠症の改善に繋がります。

睡眠を改善する上で大切なのは、サプリメントで自分の不眠症のタイプにぴったりの成分を体に取り入れることです。

なので、睡眠サプリに含まれる成分については、細かく調べた上で自分に合ったものを選びましょう!