説明する医師
ストレスの多い現代社会では、寝付きが悪かったり、夜中に目が覚めてしまったりすることがあります。

ベッドに入って3時間近く経っても眠れない場合は、入眠障害と呼ばれます。いったん眠った後で何度も目が覚める場合が、中途覚醒です。

その他、十分な睡眠が取れていないのに目が覚めてしまう早期覚醒もあります。これらの症状は、慢性的なストレスによる自律神経の乱れによって生じます。

また、三大神経伝達物質の一つであるセロトニンが不足すると、睡眠障害が起きやすくなります。脳内には他にドーパミンとノルアドレナリンが存在し、それぞれ重要な働きをしています。

これらはモノアミン神経系と呼ばれる神経伝達物質で、相互に作用し合って精神状態に重要な影響を与えています。まず快感を与える作用があるのが、ドーパミンです。

別名、快感物質とも呼ばれています。一方、ノルアドレナリンはストレスに対処するために、身心を臨戦態勢にする物質です。

そしてセロトニンはこの2つの物質をコントロールし、穏やかな幸福感を心に与えます。さらに睡眠と覚醒のバランスを整え、睡眠の質を良くする働きもあります。

このセロトニンの分泌を促進させるためには、トリプトファンやグリシンといった成分が必要です。トリプトファンやグリシンは肉や魚介類、大豆、そして緑黄色野菜などに含まれている必須アミノ酸で、どちらも体内では合成できないため、食事から摂取する必要があります。

しかし不規則な食生活を送っていると、気付かない内に不足してしまうこともあります。

その点、休息飲料と呼ばれるマインドガードDXには、天然のハーブであるノニが高濃度で配合されています。

ノニはポリネシア地方を原産とする熱帯低灌木です。学名をモリンダシトリフォリアと言い、2000年も前からポリネシアでは、休息ハーブとして利用されていました。

その後の研究で、ノニには高い含有率でトリプトファンが含まれていることがわかりました。マインドガードDXには、このノニを3か月間熟成した成分が使用されています。

またマインドガードDXは栄養機能食品なので、副作用の心配なく飲むことができます。

飲み続けても依存症になることはありません。継続的に飲むことで、配合されたノニがセロトニンの分泌を促し、ストレスで疲れた身心を休めます。

マインドガードDXは睡眠の質を向上させて、様々な睡眠障害を改善する効果が期待できるサプリメントです。