マインドガードDXの購入を検討している人は副作用があるのか気になりますよね。

睡眠薬や睡眠導入剤には副作用があるので、ずっと飲み続けるのは不安だと思います。依存性もあって、薬がないと眠れない体質になってしまうのが怖いという思いもあるでしょう。

マインドガードDXは天然の休息成分が配合されているので、副作用の心配はありません。

ただし完全に副作用が出ないというわけでもありません。

この記事ではマインドガードDXを飲んでも副作用の心配がない理由と、稀(まれ)に副作用のような症状が出てしまうケースを紹介します。

マインドガードDXの副作用について完全に理解して、安心してから購入するようにしましょう。

マインドガードDXに副作用はあるのか?

マインドガードDXは基本的に副作用はありません。

サンテミナ株式会社が国内の工場で製造しており、品質管理も徹底しています。原材料にもとことんこだわっているので、安心安全です。

しかし睡眠サプリメントの中には副作用の発症の危険性が高い商品もあります。

それは国産ではなくて、海外で製造して輸入販売されている睡眠サプリメントです。

日本国内で製造販売しているサプリメントは薬事法に沿って栄養成分が配合されていますが、海外で作られて輸入販売されている睡眠サプリメントの中には副作用の危険が高い成分が含まれており、睡眠薬と同じような副作用がある商品もあります。

日本では認められていない成分が含まれているサプリメントも多いんですね。

なぜ副作用の危険がある睡眠サプリメントが輸入販売されているかというと、海外で製造されたサプリメントを輸入販売することは日本で禁止されていないからです。

なので副作用の心配がない睡眠サプリメントを選ぶための基準として「国産」であることが絶対条件。

マインドガードDXの原材料や成分をチェック

ではマインドガードDXの原材料や配合されている成分を詳しくみていきましょう。

栄養素

これらの原材料や成分はマインドガードDXにしか含まれておらず、他の睡眠サプリメントでは簡単に真似できないようなレシピとなっています。

悪質な睡眠サプリメントには休息成分の配合されていますが、きちんと量が明記されていない商品もありますね。

コストを下げるために休息サプリメントの主原料となる成分を少ししか配合せずに、他の成分を多く入れてかさ増ししているサプリメントもあります。

マインドガードDXはきちんと成分と成分量が明記されているので安心です。

マインドガードDXで副作用が発症するリスク

マインドガードDXの原材料や成分から副作用を発症するリスクはほぼないですが、副作用のリスクを高めてしまう飲み方はあります。

副作用を発症させないためにも、リスクが高くなるような飲み方は避けるようにしましょう。

飲みすぎても良くない?

マインドガードDXの服用目安は1日30cc前後です。

マインドガードDXは睡眠薬や医薬品とは違って、栄養機能食品なので多く飲みすぎても副作用が出る心配はありません。

ですが多く飲んでも効果が高まるわけでもありません。

眠れない日が続くと焦って量を増やしてしまう人もいますが、1日に摂取できる栄養成分の量は決まっているので、必要以上に摂取しても外に排出されるだけになってしまいます。

飲みすぎても副作用が出る心配はありませんが、効果が高まるわけでもないので、1日の服用目安を守るようにしましょう。

睡眠薬と一緒に飲んでもいいの?

不眠症やパニック障害、動悸、うつ病などで悩まされている人は不安や心配で夜しっかりと眠れずに睡眠薬を服用しているでしょう。

マインドガードDXは栄養補助食品扱いなので、睡眠薬と併用しても副作用の心配はありません。

ですがマインドガードDXを飲んでいる人の中には、睡眠薬に頼らなくても眠れるような体質になりたい人もたくさんいるでしょう。

そんな方にオススメなのは、『減薬療法』です。

減薬療法は徐々に睡眠薬の使用量を減らして、最終的には睡眠薬を飲まなくても自然に熟睡できるようにする方法。

現在デパスやメイラックス、ハルシオンなどの錠剤を1錠飲んでいたとしたら「2日に1回にしてみる」、それで眠れるのであれば「次は3日に1回にしてみる」・・・といった方法です。

マインドガードDXを飲み始めたからといって一気に睡眠薬を減らしてしまうのは、不安が伴って逆に眠れなくなってしまうかもしれません。

一気に減らすのではなくて、マインドガードDXと併用しながら少しずつマインドガードDXにシフトしていくイメージで取り組まれることをオススメします。

精神安定剤や抗うつ剤と飲み合わせはどう?

睡眠薬以外でも睡眠導入剤や精神安定剤、抗うつ剤を飲んでいる人もいるでしょう。

睡眠導入剤、精神安定剤、抗うつ剤と一緒にマインドガードDXを飲んでも副作用が発症するリスクはありません。

ですが睡眠薬と同じで、いつまでも飲み続けるのは依存の原因となるので、減薬療法に沿って少しずつマインドガードDXだけで眠れるような体質に改善させていきましょう。

お酒と一緒に飲んでも大丈夫?

睡眠薬や睡眠導入剤と一緒にアルコールを飲むのはとても危険です。

睡眠薬の作用がアルコールによって強くなってしまい、脳の中枢に作用する影響が強くなってしまいます。

足元がふらつて転倒事故の原因になるので、睡眠薬とアルコールの併用は避けてください。

マインドガードDXとお酒の組み合わせは問題ありません。

しかしそもそも寝る前に、アルコールを飲む行為自体が睡眠の質を悪化させてしまいます。

寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めてしまったりする場合は、アルコールの摂取は控えて、マインドガードDXだけの飲用を心がけましょう。

コーヒーと一緒に飲んでも大丈夫?

マインドガードDXとコーヒーを一緒に飲んでも大丈夫ですが、コーヒーも睡眠の質を低下させる原因です。

コーヒーには覚醒作用や利尿作用があり、脳を興奮状態にしたり、トイレの回数が多くなったりしてしまいます。

食後にコーヒーを飲む習慣がある方もいると思います。ですが不眠改善の目的でマインドガードDXを飲んでいるのであれば、睡眠の質を悪化させる原因はできるだけ排除したいです。

どうしてもコーヒーを飲みたい場合には、昼間に飲んでしまいましょう。カフェイン効果の持続時間は6時間程度と言われています。就寝する6時間以内に飲まないようにしてください。

マインドガードDXを飲み続けて大丈夫?

マインドガードDXは1日1杯(30cc)を飲み続けることで体質が改善されてくるので、毎日飲んだとしても副作用はでません。

睡眠薬や睡眠導入剤は依存性があるので、毎日薬を飲まないと不安で眠れなくなってしまいます。

ですがマインドガードの原材料は、すべてが天然素材で栄養機能食品。(栄養成分の補給のために利用される食品)

実際に私もマインドガードDXを半年間飲み続けていますが、とくに副作用はありません。

むしろ栄養バランスを整えるためにも飲み続けた方が体が健康に近づきます。

飲み続けたことによる健康被害はないので安心してください。

依存性はあるのか?

マインドガードDXは依存性がありません。

マインドガードDXはあくまでも『栄養補助食品』です。医薬品に含まれる成分も含まれず、妊娠中や授乳中などデリケートな時期に飲んでも安心できるように作られています。

睡眠薬などは依存性があり使用を避けたいと考える方も多いですが、マインドガードDXは依存性が一切ないので安心してください。

好転効果で副作用のような症状が出ることもある

基本的に副作用の心配はありませんが、注意したのは好転効果で副作用のような症状が出る場合もあります。

好転効果とは、身体に溜まった毒素が出ていく時に発症する症状のこと。

具体的には頭痛やめまい、嘔吐や下痢などの症状が起こりますね。

好転効果のことを理解していないと、副作用だと勘違いしてしまい、せっかく身体が改善されてきているのに、飲用をやめてしまって元の体質に戻ってしまいます。

好転反応は身体の体質が変化してきている証拠なので心配はいりません。

しばらく様子を見て、副作用のような症状が落ち着くのを待ちましょう。

副作用の心配はいらない

マインドガードDXの副作用を心配している人が多いですが、原料には天然素材が使われている睡眠ドリンクなので副作用の心配はいりません。

睡眠薬には依存性があり、毎日飲み続けていると睡眠薬なしでは眠れない体質になってしまいます。

マインドガードDXは不眠症に悩む多くの人に愛飲されている栄養補助食品です。毎日飲み続けて不眠症が改善された人も多いですね。

副作用が発症したという事例もほとんどないので、安心して飲み続けてください。